うつ病を克服した方法をまとめます

うつ病を克服した方法のまとめ

うつ病に苦しむこと数年・・・

 

現在は、
薬も服用せず、快適な日々を送っている
私です。

 

振り返ってみて、
どの様にうつ病を克服したのか?
まとめてみたいと思います。


まずは、病院へ行って欲しい

病院へ行き、自分に合った医者を見つけましょう

まずは、
病院に行って、医師の診察を受けたことが、
大きかったと思っています。

 

しかも、
自分に合う医師を見つけるまで、
3件の病院に行きました。

 

自分に合うお医者さんを見つける事って
かなり重要な事だと思います。

 

ですから、
まず、病院へ行く事・・・

 

鬱の人に「勇気を出して」という事は
あまり良くない事ですが、

 

自分に合うお医者さんに巡り会うまで、
病院へ行って欲しいと、私は考えています。


うつ病に対して知識の浅い人との交流を避ける

知識の浅い人との交流は避けて

次に、
うつに対して、理解の無い人との
交流を絶ったこと・・・

 

これが良かったと思っています。

 

うつ病って、
世間では、怠け病(なまけ病)だなんて、
言われていたり、

 

医者でもないのに、
勝手な解釈をしている人が沢山います。

 

そんな人と話しても、
うつ病を治すには、逆効果です。

 

それが、たとえ家族であってもです。

 

 

私は、うつ病を「精神異常」だと考えていた、
母親との交流を絶ちました。

 

現在でも、考えは変わっていない母ですが、
うつ病を克服した現在は、
友好な関係を築くことができています。


 

私の友人で、残念ながら鬱で自殺してしまった人がいますが、

友人との飲み会で

彼の場合は、自殺の一週間前に、

友人達と飲み会をして、「がんばれ」と励まされていました。

 

その友人達には、悪気はなく、
死んだ友人に良いことと思ってしたことだとなのですが、
友人達の、うつ病への知識が浅かった事は事実です。

 

 

ですから、
うつに対して知識が浅い人や、理解の無い人、
偏見を持っている人などとは、
交流をもたない事が重要だと考えます。



うつ病になった原因を取り除いても・・・

私が今まで、
色々な人に接してきて、感じたのは、

 

うつ病になった原因を取り除けば、
うつ病が治ると思っている人が多いという事です。
(前出の、鬱への知識が浅いと被りますが・・・)

 

私の体験談に出てくるA医師は、
「うつ病になってから、その原因を取り除いても、
病気は良くならない」
と言っていました。

 

A医師はインフルエンザに例えて、
こんな風に説明してくれました。

 

インフルエンザは、そのウイルスに感染した事で病気になりますよね。
風邪と同様に、体を冷やしたり、手を洗わなかったり、うがいをしなかった・・・とか、

 

予防できたのに、感染しちゃってから、
体を温めたり、うがいをしたって、インフルエンザは治りませんよね。

 

インフルエンザを治すのは、ウイルスを殺す薬なわけでしょ?

 

うつ病も、同じように考えて下さい。

 

うつ病になってから、
その原因を解決したって、治らないんです。

 

うつ病の人は、脳内にあるセロトニンという物質が、
上手く働かなかったり、少なくなったりしているんです。

 

だから、セロトニンを増やすとか上手く働かせる薬で治療するんです。

 

ですから、私は、うつ病を治すには、まず薬・・・だと思っているのです。

 

薬を飲んだうえで、

うつ病になった原因を取り除くなら、環境を良くする事となり…
とても良いことだと思います。

うつ病への理解を深める

悪い考えは病気が原因

最後に、
私が、有効な克服方法だと思うのは、

 

うつ病に対して、
知識を深める事だと思います。

 

なんでそんな事を考えてしまうのか?
なぜ、そんな行動をしてしまうのか?

 

全て病気が原因なのに、
自分はダメな人間だと考えてしまいます。

 

ですから、
うつ病の情報を集め、
どんな考えをしてしまうか?どんな行動をしてしまうか?
それは、病気が原因だと理解して欲しいのです。

情報を集めましょう

ですが、
うつの場合、書物やネット、テレビなどを見るのがイヤな状態の場合も有ります。

 

その様な場合、
ぜひ、家族の方に、うつ病の知識を深めて、サポートして欲しいと思います。

 

そして、本人が、書物やネットも見られるようになってから、
知識を深めて欲しいと、うながすようにして下さい。

 

私が参考になった、ネットで販売されている
うつ病の克服方法を紹介しておきます。

 


矢印

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法



どの様に、うつ病のあなた、もしくはうつ病のあなたの家族に有効なのか?
リンク先で確認してみて下さい。

 

有料の情報ですので、
うつ病への理解を深めるのにも、完治を早めるのにも有効な情報です。

 

上記、プチ認知療法は、
365日間、実践しても効果が無ければ返金してもらえます。
(その場合でも返品の必要もありません)
気軽に試せますね。

 

※ご家族の購入もおすすめします。